狂犬病ワクチン経過観察

11時15分過ぎにワクチン接種。
15分程度院内待機。
アナフィラキシー症状なし。

12時帰宅。
病院へいって、疲れたのか寝はじめた。

今後、1時間~3時間、または1日~3日(もしくは、1週間)後に起こりうる、副反応。
・元気がなくなる
・食欲がなくなる
・嘔吐
・下痢
・発疹
・顔の腫れ
・疼痛
・歩行困難
・惰眠(昏睡)
・痙攣
・呼吸困難(過呼吸のような)
・意識喪失
・死亡

あくまで、可能性。
ならない場合もあるし、数年後のワクチン接種時になる可能性もある。
そればかりは、わからない。

観察を続ける。

image


12時39分
ワクチン接種から、1時間経過。
変わりなし。

13時4分
昼食。
念のため、ふやかしフードを与える
完食

13時31分
ワクチン接種から、約2時間経過。
相変わらず、変化なし。
いつも通り、ケージで自分の尻尾にじゃれついたりして遊ぶ。
お昼寝開始。

14時20分
異常なし
よく寝てる

15時18分
異常なし
発熱や怠さも、いまのところ無さそう。
嘔吐や疼痛も大丈夫そう。

一先ず、記すのを止めます。
このまま、なんの症状もでませんように!

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください